目のスクリーニング検査

当クリニックでは6ヶ月から

​弱視のスクリーニング検査ができます

お子様の「弱視」は早く気づくことが大切

子どもの目は生まれてすぐにはっきりと見えている訳ではなく、概ね6歳ごろに視力の発達が完成するとされています。 子どもの視力は毎日ものを絶えず見ることで発達していきます。その時に何かの原因で、ものが見えにくい状態が続くと、視力の発達が止まってしまい「弱視」になります。

 

近視、遠視、乱視などの弱視は3歳までに発見できれば、視力はかなり回復します。 そのためにも、できるだけ早期に発見することが大切です。

簡単に検査ができ、痛みもありません。

わしおこども医院の弱視のスクリーニング検査は痛みなどは伴いません。 ママやパパに抱っこしてもらいながら 簡単に実施できます。

お子さまの見え方など 気になる方は遠慮なくお申し付けください

検査に

​かかる時間は

数秒〜30秒程です